10月 24th, 2014|ブログ|

 使用中の携帯(いわゆるガラケー)が壊れた為、急遽、購入後使っていなかったSIMフリーのアンドロイド端末にソフトバンクの銀SIMを挿して使うよう設定しました。今日は、その設定のまとめです。

前提条件

  • 使うのは、いわゆるガラケー銀SIMである。
  • それを、アンドロイドのSIMフリー端末に差し込む。
  • ソフトバンクメールというアプリを使ってwifi環境でメール送受信を行いたい。
  • データ通信はメールだけにして、パケットを消費しないようにしたい。
  • 手間をかけずにメールを受信したい。
  • アンドロイドのバージョンは4.1.1
  • ソフトバンクメールのバージョンは3.9.1
  • パケット定額サービスには入っていない。

結果

  • wifi環境下でメールを送受信することができた。
  • さらに3G環境でもメールを送受信することができた。
  • その環境で、ウェブにつないだらエラーが出た。
  • しかし、その環境でも、6時間の接続で500円程度PCダイレクトに課金された。
  • 最終的に、パケット通信をメールのみに限定することはできなかった。
  • 現状、アプリは入れずウィジェットで3Gを切替運用している。
  • 「シュパッと」というアプリを使えば、パケット代を節約できる。

トラブルシュート

 まずは、上手くいかない場合の対処法をまとめて書いておきます。

ソフトバンクメールでwifi設定ができない。

wifiを設定するには、まず、一番スタンダードな環境、すなわち、3Gでウェブもメールもつなげる環境を作った上で設定を行う必要があります。ウェブ環境を切る方法を紹介していらっしゃるページがありますが、その設定では、自分は上手くいきませんでした(設定は後述)。

wifi設定後、APNが切り替わらない。

 APNを切り替えるという発想を諦めました。

 メール通信以外のパケットを遮断する場合、ダミーのAPNとメール受信専用のAPNの二つを作っておき、デフォルトをダミーにしておけば、メール送受信の時だけAPNが切り替わるという記述が見受けられましたが、自分の環境では切り替えることができませんでした。

 ところで、メール受信専用のAPNは「mailwebservice.softbank.ne.jp」なので、この設定をデフォルトにしても、つまり、APNを二つ作らなくても、メール以外にパケットは使われないんじゃないだろうかと考えました。

 そこで、メール受信専用とされるAPNだけにして、少しアレンジしてみると、メール送受信ができて、ウェブはつながらない(データ通信無効で接続エラーが出る)という結果にたどり着くことができました。しかしながら、結局これでもパケット代は6時間で500円程度課金されました。。

公式サイトに記載されている「plus」のAPNでは動作しない。

私の環境でも動作しませんでした。メール受信設定項目もないのに受信できるとは考えられず、銀SIM+SIMフリーでは無理なのではないかと考えます。

APNタイプをmmsだけにするとそのAPNを選択できない。

アンドロイドのバージョンが影響していると思われます。アンドロイドのバージョンが4.1以上であれば、mmsのみでは動作しない可能性があります。

設定方法

 まず、wifi設定をするため、デフォルトの設定を行います。この設定にたどり着くまで、様々な方法を試しましたが上手く行きませんでした。

wifi設定のためのAPN

  • 名前 first (ここは適当でかまわない)
  • APN: open.softbank.ne.jp
  • プロキシ: 未設定
  • ポート: 未設定
  • ユーザー名: opensoftbank
  • パスワード: ebMNuX1FIHg9d3DA
  • サーバー:未設定
  • MMSC: http://mms/
  • MMSプロキシ: mmsopen.softbank.ne.jp
  • MMSポート: 8080
  • MCC: 440
  • MNC: 20
  • 認証タイプ: PAPまたはCHAP
  • APNタイプ: default,supl,mms
  • APNプロトコル: IPv4

 このホームページはコピープロテクトを行っています。設定をコピーなさる場合は、このコピー用テキストファイルを開いてください。

 私は上記の設定でAPNを保存し、wifiをオフ、かつ、データ通信をオンにしてソフトバンクメールを起動。wifi通信設定は成功しました。

データ通信のためのAPN

 さて、このデフォルト設定では、メールだけでなく、ウェブでも見ることができてしまいます。今回は、メールだけのデータ通信を行いパケットの消費を減らすことを目的としているので、この設定を変更する必要がありました。

 検索してみると、色々な情報がありましたが、試行錯誤の上、3Gでメールを受信し、かつ、ウェブでは「接続が無効です」というエラー表示がされる設定までたどり着きました。これで成功したと思いましたが、6時間の3G接続で500円程度課金されており、狙いは失敗に終わりました。しかし、一応設定を記載します。設定にあたっては、くれぐれもそれをご理解頂いた上でお願い致します。目の飛び出るようなパケット代の請求が届いたとしても私は一切の責任を負わないことを、ここで明言しておきます。

 まず、初期設定したAPNは削除し、新しい設定を作ります(或いは、同じ事ですが、古い設定の上にに以下の設定を上書きして保存します)。

メールのみ受信設定のためのAPN

  • 名前 mailonly (ここは適当でかまわない)
  • APN: mailwebservice.softbank.ne.jp
  • プロキシ: 未設定
  • ポート: 未設定
  • ユーザー名: softbank
  • パスワード: qceffknarlurqgbl
  • サーバー:未設定
  • MMSC: http://mms/
  • MMSプロキシ: sbmmsproxy.softbank.ne.jp
  • MMSポート: 8080
  • MCC: 440
  • MNC: 20
  • 認証タイプ: CHAP
  • APNタイプ: default,mms(注意1【後述】)
  • APNプロトコル: IPv4

 設定をコピーなさる場合は、こちらのテキストファイルを開いてください。

 次に、万が一のことを考えて、パケット通信を減らすよう手動でも配慮します。
 設定>データ使用で表示されるアプリケーションをタップしていき、「全データを制限する」をチェックしていきます。但し、Android OS はチェックできる場所がなく、メールも制限すると面倒ですのでメールのみ「バックグラウンド制限」にしておきます。

 以上で設定は完了です。

パケット代には気をつけてね

上記の設定で試したこと

APNタイプを二つ作り、ダミー側をデフォルトにした。

APNは切り替わらなかった。

APNタイプをmmsだけにした。

APN保存後、選択できなくなった。

APNタイプをmms,suplにした。

APN保存後、選択はできた。wifiからは受信できたが、データ通信環境では受信に失敗した。

認証タイプを「PAPまたはCHAP」でAPNタイプを「default,mms」にした。

メール受信はOKでウェブにも結果的にはつながらないが、ウェブ接続時に通信はしているようで「データ遅延によるエラー」と言ったメッセージが出た。

手順における重要な注意

 まず、お使いのアンドロイドのバージョンをご確認ください。そのバージョンが、4.1未満である場合、APNタイプの注意1の部分で、defaultを外し、mmsだけで動作する可能性があります。ですので、まず、mmsのみで動作確認なされることを強くお勧めします。mmsだけで動作した場合、メール以外のパケット通信はおそらく遮断できるものと思います(私見であって裏を取ってないので保証できません。自己責任でお願いします)。

作業をするにあたって考えたこと。

自分の端末でメールを受信できるの設定は上記の二つだった。

目指すところはメール以外のパケット通信を遮断することである。

ということは、制限を加える設定を行わなければならない。

openというAPNよりもmailwebserviceの方が、なんとなく安全な気がする。なので、後者で作業をしよう。

APNタイプをmmsだけにすると、どうやら動かないらしい。二つ作っての切替も無理だ。

ということは、APNタイプのdefault設定は動かせない。

認証タイプを触ってみよう

CHAPにしたら、ブラウザ起動で「データ通信が無効」と表示された。

これでOKなんじゃないか。

6時間程度接続してパケット代をモニタリングしてみた。

500円程度課金されている。

失敗だったようだ。

切替運用の方法

 メール受信時のみデータ通信をオンにして、その他では常時オフにしておくには、「シュパッと」というアプリが便利です。このアプリを使うと、メール受信時だけ自動でデータ通信をオンにして受信することができます。ただし、受信エラーも起きますが、30秒(あるいは設定されている任意の間隔)だけデータ通信をオンにするという便利なスイッチがありますので、これを活用すると、ほぼ当初に思い描いていた状態を実現することが可能です。

まとめ

 単純に銀SIMをSIMフリーサービスで使うのであれば、最初の設定で使うことが可能です。しかし、それでは常時パケットを使うことになります。私の場合、パケット定額に加入していないので、メール送受信のみ3G接続できる方法を探しました(現在もチャレンジしています)が、アンドロイドのバージョンの関係もあって、おそらく実現は難しいと思われます。また成功すればご報告致します。

 なお、本文中にも再三記載していますが、この設定を活用されてパケット代が高額になったとしても、私自身は一切責任を負いませんので、くれぐれも自己責任において設定頂きますようお願い申し上げます。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)