2月 5th, 2014|ブログ|

みやこ事務所の事業計画について

 今日は、遅ればせながらの2014年初ブログということで、ご挨拶と決意を綴ります

2014年のみやこ事務所

 当事務所は、行政書士業務を中心に、クライアント様に応じて事務所として受任できる付加価値あるサービスをご提案しながら、ご縁のあったお客様にサービスをご提供しております。
 行政書士事務所は「代書業」であるというのは、当職の開業当時からの認識です。行政書士業務に法律的知識は必須ではありますが、それをもって行政書士を「法律家」と呼ぶのはか、全く別の問題です。
 他方、行政書士は「自由業」でもあります。私は、行政書士業務以外にも幅広く業務を受任していますが、それらは行政書士としての資格と一体として、或いは行政書士業務を執務する上で付加価値をもたらすものですし、また、付加価値をもたらせるよう研鑽しております。

 2014年は、今まで以上に「社会に貢献する」という大きなテーマを意識して、その枠組みの中で自分のできることを、正確に、丁寧に、そしてより速く行えるように執務していこうと考えております。

2014年の予定事業

 当事務所では、単純な行政書士業務に収まることなく、様々な視点、目的で執務し、また事業を行います。具体的には、2014年の間に、次の三つの事業を行ってまいります。

  • 交通事故被害者救済のための社団法人事業を軌道にのせる。
  • 予備校と連携し、受験生或いは実務家向けの講座を実施する。
  • 京都の生活や観光をテーマにしたウェブサイトを軌道にのせる。

交通事故被害者救済事業

 2013年12月、志を同じくする行政書士が集まって、交通事故被害者救済のための社団を設立し、当職が代表理事に就任しました。
 交通事故の件数は年間60万件、軽傷も含めた受傷者は年間100万人以上ですが、保険会社同士が行う示談は裁判所基準に比して十分とは言えず、法理的な支援の重要性が増しています。

 そこで、社団法人では、安易に妥協せず裁判所基準をベースに交渉を行う弁護士の協力を得て、交通事故無料相談会を開催し、被害者の方々が抱えていらっしゃる不安や疑問を解消できる場所を提供していきます。
 また、相談会には放射線科の医師も参加するため、医学的なセカンドオピニオンを得ることも可能です。

 社団法人は、この相談会事業を全国で展開していくべく、各地で相談員を増員する体制を整え、2014年中に100回程度の無料相談会を開催する予定です。

 行政書士は後遺障害等級認定を業務として受任することができ、当職も要請があれば受任致しますが、社団法人においては、代表理事として、相談会の企画運営や、啓蒙活動、企業に対して交通事故防止の研修会を企画するなど、運営面で法人を支えていこうと考えております。

予備校での講座実施

 行政書士は業務範囲が広いため、一般の方々はもちろん、資格を目指す受験生にとってさえ、その業務内容が分かりにくい部分があります。
 そこで、予備校と連携して講座を実施し、行政書士業務がより理解を得られるよう啓発活動を行っていきたいと考えております。

 既に2月と3月の2回にわたって、某予備校で開催されるセミナーに講師として参加することが決定しており、そこでの感触を確かめながら、受講者、予備校、そして当職や社団法人の誰もに付加価値をもたらすことのできるビジネスフレームを構築できるよう検討していきます。

京都を大切に

 このブログでも京都の観光案内記事を掲載しておりますが、私はなんと言っても京都が大好きです。
 夏はやたら暑いし、冬の底冷えはたまったもんじゃない。建前と本音を額のシワで判断しなければならないほど言葉には裏があり、輪の中に入ってしまわないと動きづらい街。

 けれど、道や町名に奥ゆかしい由来があり、織田信長も、坂本龍馬も眺めたであろう山々が、姿を変えず京都を囲んでいる。

 みやこ事務所では、この京都に少しでも役立つことができるよう、京都のためのホームページを、実は去年に稼働させておりました。
 しかし、忙しさにかまけ、記事は三本しか掲載することはできず、更新が滞っています。今年はこのホームページを軌道にのせ、観光でいらっしゃる皆様のお役に立てる記事を配信していきたいと考えております。

[box type=”shadow”]社団法人と観光案内のホームページは時期を見て当ブログにてご案内致します![/box]

まとめにかえて

 このブログでは、行政実務に携わる方々の「?」を意識して、それを「!」に変えられるコンテンツをご提供していきたいと考えております。
 「受理受領」や「戸籍の値段の根拠」などは、いまだにたくさんのアクセスがあり、調べるのに苦労することを、簡単にまとめて伝えるというスタンスを意識し、今年は、より分かりやすく、よりシンプルに情報をご提供していきます。

 読み物としての「Miyako Blog」、ご期待ください。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)