8月 10th, 2012|ブログ|

 昨年のサッカー女子ワールドカップ、PK戦が終わり立ち尽くすアメリカ選手の間から青いソックスがチラチラ映っていたので調べてみると、宮間あや選手がアメリカの選手に握手して回っていました。

「勝った訳ではない」

 そんな意味の発言を目にしました。優勝後のフィーバーの中、すぐに岡山に帰り「岡山のおかげです」と言った宮間選手。左右両足からの正確なキック、視野の広さやガッツなど、プレー面での魅力もさることながら、宮間選手のインタビューやコメント、振る舞いは、素晴らしいの一言につきます。

 準決勝でフランス戦に勝利した後、知り合いのフランス選手の元で芝生に座り込んで話す宮間選手の写真がNBCのブログに掲載されていましたが、目線を同じ高さにして相手を向き合おうとするその思いやりが、ファイナリストに相応しく、また、それ以上の価値がある宮間選手らしいショットだったと思います。

「サッカーは勝っても心が痛く、また心が洗われると思う」

 宮間選手の言葉の数々は、多少なりともサッカーに関わっている人間にとって、含蓄のあるものばかりです。なでしこリーグでも活躍して下さいね!

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)

関連する投稿