2月 25th, 2012|ブログ|

 今日は、Wordpressの抜粋関連で、私的に最も使いやすいと感じたプラグインのご紹介です。

<ポイント>

  • WordPressで何かしたい時、コードを手打ちする手もあるが、プラグインはやはり便利だ。
  • プラグインは、よく探せば自分にピッタリなモノが見つかる。
  • 抜粋関連では、この『Advanced Excerpt』が私的にお勧めできる。

1.経緯

 Wordpressでは、投稿を抜粋して表示させる機能があり、その使い方やちょっとしたカスタマイズについては、色々と記事が出ています。
 しかし、デフォルトの抜粋では、htmlが無視されるため、強調したり、改行したりができません。そのため、私は、強調したい部分をカスタムフィールドに記載し、マークアップすることで処理していました。

 ところが、WPtouchやその他のモバイル用変換テーマでは、このカスタムフィールドが表示されませんでした。そこで、再度抜粋に関するプラグインを検索することになりました。

<カスタムフィールドについてまとめた記事>
WordPressの投稿抜粋をデザインする方法?

2.Advanced Excerpt

 色々と検索した処、「Advanced Excerpt」なるプラグインが該当し、とても使いやすかったのでご紹介します。
 このプラグインは、日本語では一部上手く機能しない部分があるものの、それを補ってあまりある機能が搭載されています。

できること

  • 抜粋の長さの設定(文字数でなく単語数で設定することもできる)
  • 抜粋末尾に表示される記号「…」の設定変更(HTML一覧のリンクもあって便利)
  • カスタマイズされた抜粋表示に対して、設定を強制するかどうかを選択可能
  • リンク後の「readmore」を任意の日本語に変更可能
  • htmlのマークアップを全部或いは好きなものだけ適用可能

 主な機能は上記のとおりですが、とても使いやすく、見た目をいい感じに調整できます。

操作パネル

 操作パネルは英語ですが、言語ファイルがあるので日本語に書き換えることも可能です。上のイメージは自分で日本語に書き換えたものですが、他言語化されているのはまだ一部の項目だけみたいですね。

3.まとめ

 このプラグインは、改行や文字サイズを調整できるので、定型的な抜粋表示のためのプラグインを探していらっしゃる方には打ってつけと言えるでしょう。抜粋表示についは、検索すればカスタマイズコードがたくさん見つかりますが、5時間かけた人間の私的感想としては、最終的にはこのプラグインがベストと言えるでしょう。

 ご参考になさってください。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)