10月 30th, 2011|ブログ|

 毎週末、googleのサイト解析をチェックして、検索キーワードなどを確認して、サイトの品質を高める参考材料にしています。

 さて、今週、「行政書士のカンニング」と言う検索キーワードが出てきました。受験生が検索されたのか、試験開催者側が検索されたのかはわかりません。

 このブログでは、今年の京都大学における入試で携帯電話を使ったカンニング事件を題材にしたブログで「行政書士」「カンニング」という単語使ったため、検索にかかったのでしょう。

 学校の小テストから公務員試験まで、あらゆる試験は正々堂々と挑んで頂きたいな、と思います。カンペをチラチラ見てたらすぐばれます。横の人の答案は常に正しい訳がありません。

  努力を怠らず、発揮すべきステージでマイベストを尽くす。それがいい結果につながる。私も自分にそう言い聞かせて幾つかの資格試験に合格し、今も勉強を続けています。

「カンニング」でここにたどり着かれた、受験生の皆さん。自分の力を信じてがんばってくださいね!京都のちっちゃな事務所から応援しています。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)