11月 28th, 2011|ブログ|

 今日は、京都市文化市民局の主管事業についてのお話しです。

 京都市が、『京都を彩る建物や庭園』審査会を設置し、現在、対象建物・庭園と、市民審査委員の募集を行っています。

 この事業の趣旨は、京都市のHPによると、

「京都市内には,京都の歴史や文化を象徴する建物や庭園が,所有者のたゆまぬ努力により,世代を越えて継承されています。しかし,中には,その存在と魅力が十分に伝わっていないものや,維持・継承が危ぶまれているものもあります。そこで,京都の財産として残したい建物や庭園を市民の皆様から募集し,“京都を彩る建物や庭園”としてリスト化することとしました。」

 と言うことです。募集は11月30日必着。電子送信が有効ですので、まだ間に合います。詳しくは京都市のウェブサイトをご覧下さい。

”京都を彩る建物や庭園”についての京都市HP

 

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)