11月 29th, 2011|ブログ|

  このブログでは、京都の行政書士が、自身のサイトをよりよいものにしていくため、平日は業務や京都市内の行政に関することを中心に、休日は個人の趣味等に関することの中から有益と思われる情報を綴っています。

 今日は平日ではありますが、紅葉が見頃となっている京都の中でも、私的お勧め絶景スポットをご紹介致します。

 まずは、毘沙門堂

 京都市内中心部から離れた山科の山麓にあるこの古刹は、今年JR東海のキャンペーン寺院になっているということもあり、平日でも多くの観光客で賑わっています。29日現在、紅葉は9分ほどで、色様々なモミジに覆われた参道への階段は息をのむ美しさです。堂内の庭園の紅葉も素晴らしく、一見の価値ありです。

 次は、南禅寺の天授庵です。

 枯山水と池泉回遊式、二つの庭があるこの天授庵、29日現在、紅葉は完全に見頃で、週末の雨で散ってしまうかも知れません。
 池の周りを彩る数々の紅葉。水面も色鮮やに秋の深まりを映し出しています。角度により趣をかえるこの池泉回遊式庭園の美しさは筆舌に尽くしがたく、どれほど綺麗にとれた写真でもこの庭の素晴らしさを伝えきることはできないでしょう。

 正直言って、「ここを見ずしてどの秋を見るのか!!!」と思えるほどに美しい塔頭です。

 さらに、今週末まで期間限定で公開されており、南禅寺から歩いて行けないこともない安楽寺

 後鳥羽上皇が寵愛した女官にまつわる悲運のエピソードで知られる安楽寺。29日現在、山門を彩るモミジは見頃を迎えています。落葉する様もきっと美しいことでしょう。寺院内には紅葉はそれほど多くはありませんが、大文字の山麓、山鳥のさえずりを聞きながら眺めることができる庭園は、見飽きることがありません。住職さんが、本堂内でお寺の歴史についてお話ししてくださいます。
 なお、この安楽寺さんのサイトは当サイトと同じWordPressを使って作っていらっしゃいますね。最近興味のあるLightboxが使われており、デザインが参考になりました。

 どれほど見ても、いくつ回っても見飽きることのない京都の紅葉、今年は少し遅れ気味で、今週末、もし雨が降らなければドンピシャリの見頃となることは間違いありません。京都観光の際は、「ハズレ」なしの上記三寺院が間違いなくお勧めです。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)