12月 4th, 2011|ブログ|

 今日は、『京都・嵐山花灯路2011』についてのお話しです。

「花灯路」は、平成15年から開始され、既に京都のイベントの一つとして定着した感があります。この花灯路には、「夜のイベントによって宿泊客を増加させる」狙いがあったとか…。そんな噂はさておき、今週末から嵐山で『花灯路2011』が開始されます。

 見どころなどについてはホームページに詳細が載っています。

花灯路公式ホームページ

 今回の記事では、観光客の方々がちょっと気になるのでは?と思われる処をご紹介致します。
 まず、「日が暮れているのか?」と言う疑問ですが、開始時刻の5時は、丁度夕暮れどきで、刻々と変化する空と雲の色、そして街の色合いを楽しむには開始ジャストには現地入りしているのが得策です。
 また、これは天候によりマチマチだとは思いますが、基本的にはかなり寒いです。そして、かなり混雑します。
 寒いし長い距離を歩くしで公衆トイレも気にところ。渡月橋エリアは観光地ですので公衆トイレはありますが、竹林の小経以北にあったかどうかは…記憶にありません。ホームページの地図に「嵯峨公園」との記載がありますが、京都市は、基本的に公園にトイレを設置しているので、もしかしたらあるかも知れませんね。
 現地までのアクセスですが、京都駅からならJRを使うことになるでしょうが、オススメは『嵐電』です。四条大宮から200円で嵐山までのんびり連れてってくれます。一部路面を通る電車です。帰りには、冷えた体を足湯で温めるのも一興。嵐山駅構内に足湯コーナーがあります。
 食べ物ですが、嵐山は京都随一の観光地ですので、基本的に何もかも高めではありますが、ルート上にコロッケの中村屋さんがあり、食べられればラッキーですね。以前このブログでもご紹介していますが、地元では有名なコロッケです。

 ご参考にして頂ければ。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)