1月 21st, 2012|ブログ|

 このブログは、京都の行政書士が平日は業務関することを中心に、休日には京都観光情報などを綴っています。
 今日は土曜日、久しぶりに京都観光の話題です。

 町家ステイを実施している株式会社庵さんが、『アート京町家ステイ』と題して作家がプロデュースした町家の一棟貸しをされています。

京都・京町家ステイアートプロジェクト

 『鰻の寝床』と表現される京町家には、夏は暑く冬は寒い京都を快適に暮らす工夫が随所になされており、連泊できるのなら京都を旅するのにはもってこいなステイ先となるでしょう。

 旅館やホテルではないため、利用にあたっては「賃貸借契約」を締結する必要があるそうです。生粋の京都ファンにとっては魅力あるプランですのでご参考になれば幸いです。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)