会社を設立するには、いくつかの方法があります。
 当然のことですが、自分で設立することができます。あるいは資格者代理人を選任し、その人に全てを任せておくこともできます。そして、難しい処のみを資格者代理人に任せ、残りを自分でやるということもできます。

 ところで、会社を設立するには、当然のこととして、費用がかかります。
 最低限の費用として、公証人の手数料約52,000円と会社設立時に納める登録免許税原則15万円の合計約20万円が必要となります。

設立にかかるオカネのこと

 次に、前節の設立方法に照らし合わせ、かかる費用を考えましょう。
 自分で行う場合、定款という会社の規則に4万円の収入印紙を貼る必要があり、他の書類を全部自分で作成したとしても約24万円がかかります。

 資格者代理人に依頼した場合、代理人に報酬を支払う必要があります。一方、資格者代理人に全てを委任し、その代理人が最も最低限の費用を節約した場合、4万円の収入印紙を貼る必要はなく、登録免許税は14万6,000円となります。仮に代理人の報酬を10万円と考えた場合、約296,000円で設立できる計算になります。

 当事務所にご依頼頂いた場合、4万円の印紙を貼ることなく、公証人手数料、登録免許税15万円に報酬24,000円と消費税1,200円を加えた約22万7,000円で設立できます。

会社設立はご自身で!

 当事務所では、会社に関する基礎知識をご案内し、難しい処は当事務所、やれるものはお客様と、役割を分担することで費用を節約し、自分でやるよりも低コストで設立登記まで完了するお手伝いをさせて頂きます。

 この会社設立手続は北海道から沖縄まで、全国に対応しております。
 ご依頼者様には、公証人役場へ一度書類を取りに行って頂く他、全ての手続きをオンラインや郵便で行うことができますので、負担なく会社設立を行うことが可能です。

 まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

株式会社作成手続費用

  • 電子定款作成代理:金21,600円
  • 電子定款作成代理及び事実書類の作成:金25,920円

※事実書類の作成は行政書士業務の範囲内に限ります。