当事務所の取扱業務

当事務所では、行政書士法第1条の2及び同法第1条の3により規定されている行政書士が行うことのできる業務全てを取り扱っております。

行政書士の業務は、法の条文を分解して再構築すると、次のように整理できます。

  • ・官公署に提出する書類(電磁的記録)の作成及び代理人としての提出手続の受任
  • ・その他権利義務又は事実証明(実地調査に基づく図面作成を含む)に関する書類の作成及び作成代理
  • ・上記業務に関する相談

実際に行政書士、そして当事務所がどのような業務を取り扱っているのか、企業関連法務と個人に関する受託業務に分けてご案内いたします。

企業関連法務手続

行政書士の主力業務として認知されている官公署への許認可申請手続の総数は、そのカウント方法にもよりますが、1,000種類を越えるとも言われています。

その中には、たとえば医療法人設立手続のように許認可が出発点となる手続から、年次会計報告のように事後の報告的な書類提出にいたるものまで、実に数多くのタイプがあります。
企業内の総務担当者や法務部門の手続担当者がその全てに精通するというのは容易なことではありません。

一方、近時「コンプライアンス」と表現される法令遵守の観点から、法で定められている手続については、その期間内に行うことが、危機管理という視点においても望ましい時代になっています。
企業や法人についての不祥事がニュースとなる際、「本来しなければならない○○がされていないことがわかりました」と言った報道をしばしば目や耳にすることがあり、定められた手続をあたりまえに処理していくことの重要性がおわかり頂けることと思います。

企業活動と行政書士業務

そこで、行政書士が登場することになります。行政書士は官公署に対する書類作成のプロであり、国家資格者です。専門的な知識と豊富な経験、ノウハウを活かし、依頼された手続を処理することはもちろん、継続的な関係を構築する中で、必要な手続を適切に処理できるよう、アドバイスや相談に応じることができる身近な法律実務家として、その存在意義を発揮します。

具体的な官公署に関する手続で主なものを列挙いたしましょう。

  • ・医療法人等、許認可が設立要件の一つとなる法人設立手続
  • ・建設業許可申請
  • ・産業廃棄物収集運搬許可申請
  • ・風俗営業許可申請
  • ・深夜酒類提供飲食店営業開始届出
  • ・古物商許可申請
  • ・在留資格認定証明交付申請
  • ・車庫証明申請

当事務所では、特定の業務に特化することなく、広範な業務範囲にわたってお客様のご依頼に対応しております。

個人に関する法務手続

個人のお客様が行政書士と関わり合う場合、それには当然なにがしかの原因があり、その原因の多くはトラブル(問題)です。トラブルが生じた場合、それに対応できる専門家として最も認知度があり、かつ広範な業務が可能な資格者は言うまでもなく弁護士です。 弁護士はトラブルを抱えた依頼者の代理人となり、また頭脳となり、方策を立てて相手方と直接交渉し、それに見合う報酬を得ることを生業とする国家資格者さんです。

一方、行政書士は、書類作成の代理を受任することはできますが、紛争に対し自ら代理人として相手方と交渉することはできません。すなわち、そのトラブルをご自身で処理、解決していこうと言う依頼者のサポーターとして、複雑な手続の流れを説明し、書類を作成することにより、それに見合う報酬を頂戴することを生業とする国家資格者です。この代理人とサポーターという位置づけの差が、そのまま報酬の差となって現れることになります。一般論として、人に全て任せば高くつき、自分でやりながら必要な範囲だけサポート受ければそれだけ費用を抑えることができます。そこに、個人のお客様に対する行政書士の存在価値がある、と当職は考えています。

行政書士が携わる主な個人に関する法務手続きは次のとおりです。

  • ・在留資格認定証明交付申請
  • ・遺言書作成
  • ・協議離婚に関する証書作成
  • ・交通事故に関する各種手続書類作成
  • ・クーリングオフについての書類作成
  • ・内容証明作成
  • ・各種契約書、覚書の作成

当事務所では、上記に関する業務全てを取り扱っております。また、当事務所は、既に専門家にご相談されている案件について、セカンドオピニオンを求めるために当事務所をご利用されること、或いはその逆として、最初に当事務所にご相談頂いた件について、他の専門家にセカンドオピニオンを求められることを積極的に推奨しております。詳しくは、セカンドオピニオンについてをご覧下さい。

以上、行政書士や当事務所が取り扱う業務をご紹介致しました。行政書士の業務分野は本当に幅広く、一つの分野に特化することだけでもビジネスとして成り立たせることができます。しかし、当事務所ではご紹介頂いたお客様からの幅広いニーズに対応してきた結果、多くの分野において経験値を高め、現在はどの業務をも専門と呼べるほどの総合的な行政書士サービスをご提供しております。

ご依頼の多い業務分野につきましては専門のウェブを作成しております。ウェブが完成次第このサイトでもご案内致します。より詳細な情報を掲載して下りますので、是非そちらもご一読下さいませ。