4月 13th, 2012|ブログ|

 以前このブログでもご紹介した、滋賀県の『外来魚の釣れる場所教えます』事業ですが、4月6日付けで公開されています。

滋賀県庁によるバス釣りポイント公開ページ

 このページの下部に記載されているように、詳細なポイントはメールや電話で教えてくださるそうです。 

 琵琶湖から外来魚を駆逐することについては、賛否両論があります。

 私自身、バス釣りの初期から琵琶湖に釣りに行っていました。けれど、バスをやり出すまでは、浜大津でマブナを釣ったり、近江八幡でタナゴやモロコを釣り上げた記憶もあります。

 今は餌をつけて針を投げ込めば5秒でブルーギルが釣れるようになってしまいました。

 環境は変化するものだし、琵琶湖をどのように育てていくか、という道筋に『正解』はありません。だからこそ、議論を深め、試行錯誤を繰り返すことが大切だとも思えます。

 もうバスは釣り上げる自信がないけれど、ブルーギルでも釣りにいきましょうかね。琵琶湖でギル釣りに「坊主」はありませんし、引きも強いので楽しむことはできますよね。すぐに針を飲み込むのがやっかいですけど。

 ご参考になさってください。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)