12月 9th, 2011|ブログ|

 今日は、京都市の小児用ワクチンの無料接種についてのお話しです。

 京都市では、任意接種だった子宮頸がん予防ワクチン・ヒブワクチン・小児用肺炎球菌ワクチンの接種を公費負担しています。
 これらのワクチンは、任意接種ではありますが、外国では既に実績と実証データが示されているそうです。

 肺炎球菌ワクチンで予防できるとされる、細菌性髄膜炎には、一度知り合いのお子さんが罹患されたことがあり、一ヶ月入院されていました。後遺症も心配になる病気です。

 接種は任意ですが、一度インターネットで情報を収集され、接種するかどうかを検討されることを強くお勧めします。

 京都市のHPリンクを貼り付けておきますのでご参考になさってください。

京都市のウェブサイト「ワクチンの無料接種ページ」

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)