4月 23rd, 2012|ブログ|

 テザリング機器として使っていたIDEOSですが、まれに端末として使う機会がある度、時間のかかる処理速度に多少の不満を抱いていました。

 そこで、たたき売り状態になっていたOptimus Pad L-06Cを調達し、b-mobileのイオンSIMを挿して使ってみることに…。

 案外快適です。別に普通に使うだけなので、ルートを取る気はなく、ウェブの閲覧とGoogleマップくらいなら、イオンSIMで十分じゃないでしょうか。

<2012.4.25追記>

 アクセスが相当数あるようですので、もう少し詳しく書いておきます。

・Optimus Pad でb-mobile SIM は使えるはずです。少なくともイオンSIMは使えてます。
・デフォルトのバージョンアップでは、最新バージョンはアンドロイド3.1です。
・アンドロイドマーケットは使えます。
・充電に時間はかかりますが、バッテリーの保ちは良さそうです。
・SIMを出し入れするための後部カバーがかなり外しにくく、抜き挿しして使おうとされる場合、多少のストレスを覚悟する必要はありそうです(コツがつかめれば早いかも知れません)。
・MX動画プレーヤーを使った動画再生も自分にとっては快適です。なお、ご存じとは思いますが、このソフトを使う場合はFLVを変換する必要はありません。
・IDEOSで、300kbpsのSIMを使おうとする場合、Light Tab用のb-mobile SIM U300 8ヶ月(245日間)パッケージを使うのが一番お得に利用できる、と言う話しを聞いたことがあります。この場合、インターネットの最安値店で購入すると、月額1,800円以内で利用することが可能です。しかし、これがOptimus Padで可能かどうかは確認していません。
・このように、端末が1万5,000円前後で入手できる現在、費用対効果は高いのではないかと思いますが、やはり快適に使うには、Wi-Fi環境がよりベターと言えるでしょう。

 ご参考になれば幸いです。

最後までお読み頂いてありがとうございます。
 一生懸命書いたオリジナルの文章なのでコピーはしないでくださいね。IPアドレスとコピーされた場所を特定できるシステムになっています。(さらに詳しく)